ウォータースタンド「かわさきSDGsゴールドパートナー」に認証

2021/5/25

水道直結ウォーターサーバーのレンタル事業を行うウォータースタンド株式会社(本社:埼玉県さいたま市、代表取締役社長:本多 均、以下当社)は、当社事業のSDGs(持続可能な開発目標)の取り組みを評価いただき、川崎市の定める川崎市SDGs登録・認証制度「かわさきSDGsパートナー」において「かわさきSDGsゴールドパートナー」の認証を取得いたしました。

ウォータースタンド「かわさきSDGsゴールドパートナー」に認証

「かわさきSDGsパートナー」とは、SDGs(持続可能な開発目標)の達成に向けて取り組む企業や団体を市が認証する制度で、SDGsの達成に向けて取り組むことを意思表示(宣言)する「登録」と、さらにSDGsへの取組を自己評価して今後に向けた目標設定をする「認証」の2段階があります。登録した団体を「かわさきSDGsパートナー」、川崎市からの認証を得た団体を「かわさきSDGsゴールドパートナー」と呼称します。

当社は、2021年5月18日に川崎市役所で開かれた第1回認証書交付式にて「かわさきSDGsゴールドパートナー」として認証されました。また、当社を含む89の団体が同ゴールドパートナーとして認証され、74の団体がパートナーとして登録されました。

当社は、今後も全国55拠点の地域の皆さまと連携し、SDGsの達成に向けて取り組んでまいります。

<当社が取り組むSDGs目標>

  • ■3.すべての人に健康と福祉を
  • ■6.安全な水とトイレを世界中に
  • ■8.働きがいも経済成長も
  • ■11.住み続けられるまちづくりを
  • ■12.つくる責任つかう責任
  • ■13.気候変動に具体的な対策を
  • ■14.海の豊かさを守ろう

■ウォータースタンドのミッションとビジョン

「プラスチックごみ削減の推進に関する協定」京都市 門川 大作 市長とウォータースタンド株式会社 代表取締役社長 本多 均

ウォータースタンドは、2020年2月にビジョンとミッションを新たに策定しました。世界的な社会課題である気候変動とプラスチックによる環境問題に対する取り組みは、当社にとって事業そのものです。

■ 本件に関するお問合せ先

ウォータースタンド株式会社 
ESG推進室 担当:小野 

TEL:048-657-6731 
FAX:048-648-8869