1. HOME
  2. 環境とお水
  3. マイクロプラスチックとは

FEATURE

特集

マイクロプラスチックとは

マイクロプラスチックの定義

プラスチックはごみとして長期間放置されると、数千年も分解することなく、さまざまな悪影響をあたえています。特に細かく砕けたマイクロプラスチックは、回収するのが困難なので、海洋生物の食物連鎖を壊してしまうこともあります。ここではマイクロプラスチックについての定義や分類、マイクロプラスチックによる海洋汚染についてご紹介しています。

  1. マイクロプラスチックの定義
  2. マイクロプラスチックの分類
  3. マイクロプラスチックのもとになるプラスチックの種類
  4. 海洋中のマイクロプラスチックの発生源
  5. マイクロプラスチックによる被害
  6. プラスチック汚染、人への影響
  7. 海洋プラスチック・マイクロプラスチックの発生防止へ

マイクロプラスチックの定義

マイクロプラスチックの定義

マイクロプラスチックとは直径5ミリメートル以下の小さなプラスチックのことをいいます。

プラスチックごみは、ポイ捨てやごみ処理施設へ輸送される過程で、風や雨で流され、下水を通って海に流れ着きます。海岸に漂着したプラスチックごみは、波や砂にもまれ、強い紫外線にさらされます。

プラスチックはいつまでたっても自然分解されずに細かな片として残り、海中のごみとなります。

マイクロプラスチックの分類

マイクロプラスチックは発生源の違いにより「一次マイクロプラスチック」と「二次マイクロプラスチック」の二つに分類されます。一次マイクロプラスチックは微細なため回収が難しく、製品化した後の対策や自然環境中での回収は困難です。誤飲によって生物・生態系への影響も懸念されています。

一次マイクロプラスチック(primary microplastics)

一次マイクロプラスチックprimary microplastics

かつては洗顔料や歯磨きなどのスクラブ剤に小さなプラスチックの粒が含まれていたこともあり、その商品を使うと排水溝を流れて一部は下水処理場をすりぬけていました。小さすぎるので、下水処理場でのろ過装置をすり抜けてしまうと回収が困難となります。

またプラスチック製品を作る原料に使う小さな粒状の「レジンペレット」やポリエステルのようなプラスチックの合成繊維を使った服からも、洗濯のたびに小さな繊維として流れだしています。これらを「一次マイクロプラスチック」といいます。

二次マイクロプラスチック(secondary microplastics)

二次マイクロプラスチックsecondary microplastics

海洋で最も多いマイクロプラスチックは、プラスチック製品が外的要因で劣化することで発生する「二次マイクロプラスチック」です。ポイ捨てされたポリ袋やペットボトル、たばこのフィルターなどのプラスチックごみが側溝から川を伝い海に流れ着き、太陽の紫外線により劣化して脆くなり分解されます。

マイクロプラスチックのもとになるプラスチックの種類

プラスチック製品が開発された当初は画期的なもので、世界でも過去20年のあいだに大量に生産され続けてきました。プラスチックの種類は100種類以上で、生活用品などに使われるプラスチックは生産量のおよそ75%を占めています。

マイクロプラスチックのもとになるプラスチックの種類
ポリエチレン(PE)
高密度ポリエチレン(HDPE) バケツ・洗剤ボトル・屋外玩具・灯油タンクなど
低密度ポリエチレン(LDPE) レジ袋・ラップ・紙パック飲料などの内外面など
ポリプロピレン(PP)
ストロー・ペットボトルキャップ・文具・医療器具など
ポリスチレン(PS)
ハンガー・食品用トレイ・プリンターなど
ポリエチレンテレフレタート(PET)
ペットボトル・卵パック・包装フィルム・衣類の繊維
アクリル樹脂(PMM)
食器など

海洋中のマイクロプラスチックの発生源

マイクロプラスチックの発生源は年間推定150万トンです。化学繊維やタイヤの磨耗、プラスチック容器や器具の破片などが挙げられます。マイクロプラスチックは、人が生み出したプラスチック製品やプラスチックごみとして捨てていたものなので、プラスチック製品の消費が増えれば増えるほど環境中に増えていくのではないかと懸念されています。

マイクロプラスチックによる被害

一次マイクロプラスチック(primary microplastics)

科学的被害

プラスチックに使われる添加物には有害性が指摘されるものもあり、マイクロプラスチックになっても残留します。また石油から作られるプラスチックは汚染物質を吸着しやすい性質があるので、海を漂うあいだに海洋生物が汚染物質(※PCB,DDP)を吸収して環境に悪影響を与えています。

※PCB=ポリ塩化ビフェニル
DDP=ジクロロジフェニルトリクロロエタン 農薬、殺虫剤のこと

物理的被害

海鳥や魚の消化器官がプラスチックで詰まったり、消化器官の内部がプラスチックで傷つけられて栄養失調の原因になるなど、生物にとって大きな脅威となっています。またマイクロプラスチックをプランクトンや魚介類が摂食(誤飲)し、体内に蓄積することで「※生物濃縮」となり私たち人間の健康にも影響することが考えられています。

※生物濃縮ってなに?
ある種の科学物質が生態系の食物連鎖を経て生物体内に濃縮されていく現象のこと。代謝を受けにくい科学物質は、尿などで体外に排出されにくく、生物体内の脂質中などに蓄積していく傾向にあります。

プラスチック汚染、人への影響

海や水路におけるプラスチック汚染の問題

海や水路におけるプラスチック汚染の問題は人体へも影響しています。非常に小さいマイクロプラスチックは、海に住む生物がエサと間違えて食べてしまいます。海の食物連鎖によって、魚などの小さな生き物がマイクロプラスチックを食べると、それより大きな生き物が食べます。食物連鎖の頂点にいるのは人間なので、海で獲れた魚を食べる人間もマイクロプラスチックを食べることになります。プラスチックは食べても消化されず胃や腸を通って排出されますが、プラスチックに含まれたり表面についたりした有害物質は体内に取り込まれ、吸収されることもあるといわれています。

マイクロプラスチック 人体への影響と飲料水の対策

海洋プラスチック・マイクロプラスチックの発生防止へ

プラスチックごみやペットボトルごみを分別回収しているので問題ないと思っていたものが、実は海へ流れ着きマイクロプラスチックとなり、地球を脅かす問題につながっています。自然保護や海洋保全のために、日々の生活の中でどうしたらプラスチックを減らせるのか、個人も企業も問題に対する対策を考えていく必要があります。

参考

  • 「地球が危ない!プラスチックごみ」
  • 「海のプラスチックごみ調べ大事典」
  • 「海洋プラスチックごみ問題の真実」
  • 「プラスチック汚染とは何か」
  • 「プラスチックプラネット」

ウォータースタンドが
取り組んでいること

ウォータースタンドの環境貢献効果
プラスチックボトルが不要なウォータースタンドは、誰もが使用できる水道水を活用する環境負荷の低いウォーターサーバーです。ウォータースタンドの普及とマイボトル文化の醸成に取り組み、ペットボトルゴミ削減と持続可能な社会の形成に貢献します。
産官学の連携
ウォータースタンドを「給水スタンド(給水スポット)」として公共の場へ設置し、マイボトル活用を推進する自治体と協定を締結することでペットボトル削減に取り組んでいます。
また、環境問題・生態系などの研究者との交流を通した学術機関との連携や、環境課題について学んでいる学校へ訪問し、生徒さんとの意見交流会、出前授業などを実施しています。
「ボトルフリープロジェクト」 「ボトルフリープロジェクト」

ウォータースタンドへの
お問い合わせ

弊社の取り組み、出前授業やご取材等についてはこちらよりお問合せください。
(メディア関係者の皆様からの取材等のご依頼もこちらよりお願いいたします。)