1. HOME
  2. 環境とお水
  3. 身近なエコライフについて

FEATURE

特集

身近なエコライフについて

身近なエコライフについて

「エコな暮らしはわかっているけどなかなか実践できない!」「自分のできる範囲でエコを実践できることはないかな」と考えたことはありますか?

ここでは、ごみを減らす視点からエコライフについてご紹介しています。

  1. エコを実践するにために知っておきたい3つのこと
  2. なぜエコの取り組みをするの?
  3. ごみを減らす3つのエコにチャレンジ
  4. 持続可能なものを持つ基準を考える

エコを実践するにために知っておきたい3つのこと

エコを実践するにために知っておきたい3つのこと
  1. 地球環境の悪化
    近年、地球環境問題は、海洋汚染・オゾン層の破壊・地球温暖化などが深刻になっています。
  2. 何が問題なの?
    地球温暖化は人の社会活動が原因といわれています。大量にモノを作り大量に捨てる、生産から消費者に届くまでの過程で生まれる多くの電気やCO2、水質汚染や大気汚染などが挙げられます。
  3. 世界規模での取り組み
    さまざまなビジネスを行う商社が、幅広い分野で地球環境問題の解決に取り組んでいます。その事業としてクリーンエネルギーによる発電や、リサイクルを進める取り組み、自然環境の保護などが行われています。世界中の企業でもこうしたエコ活動は経営の柱となっています。

なぜエコの取り組みをするの?

なぜエコの取り組みをするの?

新型コロナウイルスの感染拡大を背景に、テイクアウトや出前サービスによるプラスチックごみの増加も問題となっています。

中国では、プラスチック、紙、繊維などのごみの輸入を段階的に禁止してきましたが、2021年1月1日以降、すべての廃棄物の輸入を禁止することを発表しました。このままいくと、2050年には人口が91億人、排出されるゴミの量は2倍以上になると予測されています。日本を含む輸出国は、行き場を失ったごみの処理問題に直面しているのが現状です。

ごみを減らす3つのエコにチャレンジ

日本のごみの年間排出量は4,272万t(東京ドーム約115杯分)、1人1日当たりのごみ排出量は918gといわれています。(環境省:平成30年度の調査結果)

そしてごみの半分は食品廃棄物です。「食品ロス」といわれる過剰なごみを減らすことが、無駄遣いやお金の使い方について考えるよい機会にもなります。

My〇〇を心がける

My〇〇を心がける

これまで大量消費されてきたレジ袋は、2020年7月1日より全国で有料化となりました。ファストフード店や飲食店では当たり前のようにもらっていたストローやスプーンも紙製になったりしています。

プラスチックのごみは海に流されると小さな粒となり、魚などの海の生物の体内に入ってしまいます。できるだけ使い捨てのプラスチックストローやスプーンを断ることで「消費者としてのメッセージを伝えることも大切です。

  • ペットボトル飲料を買わず、マイボトルを携帯する
  • エコバッグの活用
  • 箸やスプーンなどのマイカトラリーを持参する
食品ロスを減らす

食品ロスを減らす

日本の食品廃棄物量は年間2,759万トン、そのうち食べられるのに捨てられる食品「食品ロス」の量は年間643万トンです。家庭での食品廃棄量は291万トンで、おもに食べ残し、手付かずの食品、皮を剥きすぎることが発生要因です。(2019年12月現在) 大量の食品ロスは、多くのごみを廃棄するため、ごみ処理に多額のコストがかかっています。

食べられる量を注文する、使える分だけ購入するなど、適切な量をしっかりと判断することが大切です。

3Rを意識する

3Rを意識する

3Rとは、Reduce(リデュース)、Reuse(リユース)、Recycle(リサイクル)の頭文字を取った3つの行動の総称で、私たちが日常でできる身近な取り組みです。

Reduce(リデュース)
マイバッグやマイボトルを使う、過剰な包装は断るなど
Reuse(リユース)
リターナブル容器に入った製品を選ぶ、フリーマーケットの活用など
Recycle(リサイクル)
資源ごみの分別回収やリサイクル製品を積極的に利用する

持続可能なものを持つ基準を考える

長く使い続けられるものや環境に配慮された商品を選んでみることも、エコライフのひとつです。

私たちが提供する「ウォータースタンド」は、水道水から浄水を生成することで、従来のボトルを不要にするものです。そのためペットボトル・プラスチックボトルなどの廃プラスチック発生量を削減できるほか、営業車を削減し自転車の使用を増やすことでボトル運搬に必要なガソリンの使用量削減にも貢献します。

参考

  • 「はじめてのエシカル」
  • 「身近でできるSDGsエシカル消費」

ウォータースタンドが
取り組んでいること

ウォータースタンドの環境貢献効果
プラスチックボトルが不要なウォータースタンドは、誰もが使用できる水道水を活用する環境負荷の低いウォーターサーバーです。ウォータースタンドの普及とマイボトル文化の醸成に取り組み、ペットボトルゴミ削減と持続可能な社会の形成に貢献します。
産官学の連携
ウォータースタンドを「給水スタンド(給水スポット)」として公共の場へ設置し、マイボトル活用を推進する自治体と協定を締結することでペットボトル削減に取り組んでいます。
また、環境問題・生態系などの研究者との交流を通した学術機関との連携や、環境課題について学んでいる学校へ訪問し、生徒さんとの意見交流会、出前授業などを実施しています。
「ボトルフリープロジェクト」 「ボトルフリープロジェクト」

ウォータースタンドへの
お問い合わせ

弊社の取り組み、出前授業やご取材等についてはこちらよりお問合せください。
(メディア関係者の皆様からの取材等のご依頼もこちらよりお願いいたします。)