1. HOME
  2. ブログ
  3. 大阪府 泉大津市と 「プラスチックごみ削減に関する協定」を締結

大阪府 泉大津市と 「プラスチックごみ削減に関する協定」を締結

大阪府 泉大津市 「プラスチックごみ削減に関する協定」を締結

大阪府泉大津市:2021年6月28日(月)締結

水道直結ウォーターサーバーのレンタル事業を行うウォータースタンド株式会社(本社:埼玉県さいたま市、代表取締役社長:本多 均、以下当社)は、2021年6月28日(月)、泉大津市(市長:南出 賢一)と「プラスチックごみ削減推進に関する協定」を締結したことをお知らせいたします。

泉大津市長 南出 賢一様 コメント

泉大津市は、2019(令和元)年6月5日に「いずみおおつプラスチックごみゼロ」宣言を行いました。
「みんなの手できれいなまちづくり」をめざして、自分たちのまちをきれいにしていくよう意識の醸成に取組み、まち美化活動の推進による海洋プラスチックごみ発生抑制などに取り組んでいます。
今回、市民ひとりひとりのマイボトル利用を促進し、ペットボトルごみの削減を図るため、ウォータースタンド株式会社と協定を結ぶこととなりました。この協定は泉州地域で初めてのものとなります。給水スポットを本市施設に設置することでマイボトルを使用する層が市内外に広がり、プラスチックごみ削減の大きな輪となっていくよう期待しています。

ウォータースタンド株式会社 代表取締役社長 本多 均 コメント

泉大津市様とのご縁は「おおさかマイボトルパートナーズ」に遡ります。本日、「いずみおおつプラスチックごみゼロ」を宣言され、市を挙げてでのプラスチック削減に取り組まれて来られた泉大津市様と協定を締結頂きましたことに感謝申し上げます。日本国内で出荷されているボトル入り飲料水は年間約250億本に上ります。ウォータースタンド株式会社はそのうちの30億本を2030年までに削減することをミッションに掲げています。協定をスタートに、水筒を持ち歩きウォータースタンドから給水頂く、それによってごみやCO2を削減する、世代を超えたムーブメントを共に起こして参りたいと思います。どうぞ宜しくお願い致します。

協定の概要

全世界共通かつ喫緊の課題である海洋汚染の防止のほか、ごみの減量、地球温暖化対策や生物多様性の保全に向け、同市と互いに連携・協力してマイボトルの普及を促進し、ペットボトル等使い捨てプラスチック製品の使用抑制を図ることにより、プラスチックごみの削減を推進します。

泉大津市における使い捨てプラスチック削減に向けた取り組み

大阪府と大阪市は、2019(平成31)年1月28日、大阪湾の海岸近くにおけるプラスチックごみの削減に係る取り組みとして共同で「おおさかプラスチックごみゼロ宣言」を行いました。泉大津市では、この取り組みに賛同し同(令和元)年6月5日(環境の日)に、「いずみおおつプラスチックごみゼロ宣言」をされ、「みんなの手できれいなまちづくり」を目指し、ごみ拾い活動を広め、自分たちのまちをきれいにしていく取り組みを推進しています。

また、海洋プラスチックごみ問題についても啓発し、プラスチックごみ削減の推進を図る取り組みも行っています。本協定の下、市民が利用できる給水スポットを広く設置することで、当社は泉大津市の取り組みを後押しします。

給水スポットの整備について

市立池上曽根弥生学習館(池上曽根史跡公園)をはじめ、水道直結式のマイボトル対応型給水機を市の施設や市内の小・中学校に設置して参ります。

ウォータースタンドの取り組みボトルフリープロジェクト

水道直結ウォーターサーバー ウォータースタンドは、いつでも安全安心な飲料水が使える利便性の高さと、運搬や使い捨て容器を必要としないエコな給水システムが支持され、子育て世帯を中心とした個人宅や、SDGs達成に取り組む法人、大学などに支持されています。

当社の「ボトルフリープロジェクト」は、誰もが安全安心な飲料水にアクセスでき、環境負荷も少ない給水スタンドを整備し、マイボトル活用を推進するものです。

本活動を通じて、使い捨てプラスチック削減・CO2排出抑制による気候変動の緩和と、水分補給による熱中症などの被害・健康増進による気候変動への適応の両立を実現します。

この取り組みへの協力を様々な組織・団体等に呼びかけながら、同様の取組みを日本全国に拡大していきます。

自治体との協定締結実績一覧

※令和4年5月現在

ウォータースタンドへの
お問い合わせ

弊社の取り組み、出前授業やご取材等についてはこちらよりお問合せください。
(メディア関係者の皆様からの取材等のご依頼もこちらよりお願いいたします。)

関連記事