「プラスチックごみ削減の推進に関する協定」を締結


群馬県館林市:2021年1月26日(火)締結

2050年に向けてプラスチックごみゼロを目指す館林市と連携

水道直結ウォーターサーバーのレンタル事業を行うウォータースタンド株式会社(本社:埼玉県さいたま市、代表取締役社長:本多 均、以下当社)は、2021年1月26日(火)、館林市(市長:須藤 和臣)と「プラスチックごみ削減の推進に関する協定」を締結したことをお知らせいたします。

館林市(市長:須藤 和臣)と「プラスチックごみ削減の推進に関する協定」を締結

■締結式 2021(令和3)年1月26日

■出席者  館林市 須藤 和臣 市長、ウォータースタンド株式会社 代表取締役社長 本多 均

■出席者コメント

館林市 須藤 和臣 市長

コロナ禍において、私たちは目指すべき未来の転換点におかれています。館林市には、5つの沼が点在しており、昨年5月には日本遺産の里沼に登録されました。この美しい里沼、美しいまちを未来に残し、引き継いでいくために、プラスチックごみ削減に取り組んでまいります。この協定を契機に、市民・事業者・行政が連携して、プラスチックごみ削減の取り組みの輪を広げていきたいと思います。

ウォータースタンド株式会社 代表取締役社長 本多 均

当社創業者の出身地である館林市と協定を結べたことを、大変嬉しく思います。今回の協定で、館林市が掲げる「5つのゼロ」の「プラスチックごみゼロ」に協力することとなりました。プラスチックごみの削減はCO2の削減にも繋がり、世界の共通課題である気候変動(地球温暖化)の解決に貢献する取り組みでもあります。今後も同様の取り組みを広げていきたいと考えております。

■協定締結の背景

近年、プラスチックごみによる深刻な海洋汚染が問題視されています。また、コロナ禍において、不織布マスクや食品のテイクアウト容器など、プラスチックを利用した製品が増大し、プラスチックの廃棄処理における課題が更に複雑・深刻化しています。
本協定は、生活に欠かせない飲料水から使い捨てプラスチックの削減(リデュース)を実践することで、これらの課題解決に取り組んでいくものです。

■協定の概要

市役所本庁舎などの市営施設に、当社が提供する給水機「ナノスタンド」を設置。マイボトルを持参すれば無料で給水ができます。マイボトル用の給水機を市内に整備することにより市民等にマイボトルの活用を促し、ペットボトルなどの使い捨てプラスチックごみの削減に繋げます。

■館林市が取り組む「たてばやし5つのゼロ宣言」

館林市は昨年12月21日に、2050年に向けて「たてばやし5つのゼロ宣言」をしました。本協定は『宣言4 プラスチックごみ「ゼロ」』を達成するための取り組みです。誰もが安心して使える飲料水の提供は夏場の熱中症対策にもなり、ペットボトルごみの削減はCO2の削減に繋がることから、『宣言1 自然災害による死者「ゼロ」』、『宣言2 温室効果ガス排出量「ゼロ」』にも関連します。

マイボトルキャンペーン

たてばやし5つのゼロ宣言

  • 宣言1 自然災害による死者「ゼロ」
  • 宣言2 温室効果ガス排出量「ゼロ」
  • 宣言3 災害時の停電「ゼロ」
  • 宣言4 プラスチックごみ「ゼロ」
  • 宣言5 食品ロス「ゼロ」

■当社が取り組む「給水スタンド」活動

水道直結のウォーターサーバー「ウォータースタンド」は、いつでも安心安全な飲料水が使える利便性の高さと、運搬や使い捨て容器を必要としないエコな給水システムが支持され、子育て世帯を中心とした個人宅や、SDGs達成に取り組む法人などに支持されています。
当社が取り組む「給水スタンド」活動は、環境負荷の少ない方法で、誰もが安心安全な飲料水にアクセスできる環境を整備し、マイボトル活用を推進するものです。これまでに6の市区町と協定を締結しており、今回で7例目となります。本活動への協力を民間企業や大学等にも呼びかけながら、同様の取り組みを日本全国に拡大していきます。

「プラスチックごみ削減の推進に関する協定」京都市 門川 大作 市長とウォータースタンド株式会社 代表取締役社長 本多 均
【自治体との協定締結実績一覧】

※令和2年12月現在

自治体名 締結時期 設置状況
さいたま市(埼玉県) 令和元年6月
  • 市営施設99台、民営施設130台を設置
葉山町(神奈川県) 令和元年10月
  • 市営施設12台、その他民営施設
所沢市(埼玉県) 令和元年11月
  • 市営施設37台
京都市(京都府) 令和2年1月
  • 市営施設21台、民営施設9台
鎌倉市(神奈川県) 令和2年2月
  • 市営施設26台、民営施設1台
世田谷区(東京都) 令和2年10月
  • 区役所本庁舎に1台