プラごみゼロ宣言の鎌倉市と協定を締結
給水スポット整備でペットボトルごみを削減


2020年2月10日:神奈川県鎌倉市

プラごみゼロ宣言の鎌倉市と協定を締結 給水スポット整備でペットボトルごみを削減

水道直結式ウォーターサーバーのレンタル事業を行うウォータースタンド株式会社(代表取締役社長:本多 均)は、鎌倉市(市長:松尾 崇)と、「かまくらプラごみゼロ宣言にかかる連携と協力に関する協定」を締結したことをお知らせいたします。

年間2,000万人の観光客が訪れる鎌倉市内でマイボトル用の給水スポットを整備し、市民のみならず観光客等にもマイボトルの活用を呼びかけ、ペットボトルをはじめとしたプラスチックごみの削減に貢献していきます。

「プラスチックごみ削減の推進に関する協定」京都市 門川 大作 市長とウォータースタンド株式会社 代表取締役社長 本多 均

■出席者コメント

鎌倉市 松尾 崇 市長

鎌倉市は、環境負荷の少ない「循環型社会」を形成するため、市民、事業者、行政が連携・協働して3Rを推進し、「ゼロ・ウェイストかまくら」の実現を目指しております。この度、ウォータースタンド株式会社と協定を締結し、50台の水道直結式ウォーターサーバー「ウォータースタンド」をご提供いただくこととなりました。市内の公共施設等に給水スポットとして設置することで、マイボトルの普及をより一層促進し、プラごみゼロに向けて取組を進めて参ります。
この機会に、市民や観光客の皆様もマイボトルをお持ちいただき、プラスチック容器の削減にご協力をお願いします。

ウォータースタンド株式会社 
神奈川ブロック長 山中 聡

2018年夏、由比ガ浜海岸に漂着したクジラの赤ちゃんの胃から、プラスチックごみが発見されました。 海を愛し、日頃から親しんでいる者にとっては大変ショックなニュースでした。同時に、1人の父親として、子ども達にきれいな海を残してあげたいという気持ちをより強くしました。
この度鎌倉市のプラごみゼロ宣言に連携・協力できることを、大変嬉しく思います。弊社が提供する給水スポットを、市民や観光客の方々にエコに便利に使っていただければ幸いです。

■かまくらプラごみゼロ宣言について

「ゼロ・ウェイストかまくら」の実現を目指す鎌倉市は、平成30年10月に「かまくらプラごみゼロ宣言」を表明。マイボトル利用の啓発や、市役所内でのペットボトルの販売・利用の抑制などを進めてきました。
今回の協定は当社製品のウォータースタンドを給水スポットとして提供することで、これらの取組みを更に強化するものです。

「プラスチックごみ削減の推進に関する協定」京都市 門川 大作 市長とウォータースタンド株式会社 代表取締役社長 本多 均

■ウォータースタンド株式会社との協定内容

市営公共施設にて最大50台を順次設置していきます。また、鉄道事業者とも交渉を進め、駅への設置に拡大していきます。その後、店舗等にも取組みへの協力を呼びかけ、鎌倉市全域で給水スポットの普及に努めます。

給水スポットに最適な常温水モデル利用者のニーズに応える「ナノスタンド」
利用者のニーズに応える冷水モデルもラインナップ

【給水スポットとマイボトルでペットボトル削減へ】
ウォータースタンドは水道直結式のウォーターサーバーです。社会インフラである水道を活用することで、人々の生活に欠かせない水を、持続可能で環境負荷の少ない方法で供給します。
利便性の高いウォータースタンドを給水スポットとして提供することで、マイボトルの活用範囲が広がり、ペットボトルの購入機会が低減し、市民・観光客の消費行動に変革をもたらします。
市民・観光客はごく自然な消費行動を通して、無理なく持続可能な方法で地球環境に貢献できるため、鎌倉市内での大幅なペットボトルごみの削減が可能となります。鎌倉市との強力なパートナーシップの元、人と地球にやさしいイノベーションを推進していきます。

【自治体との協定締結実績一覧】
自治体 締結時期 主な内容
さいたま市(埼玉県) 令和元年6月
  • 令和2年度末まで無償で冷水機能付き給水機を市施設に設置
  • 市営施設93台、民営施設97台設置済み(令和元年12月現在)
葉山町(神奈川県) 令和元年10月
  • 市営施設20台、その他民営施設(予定)
所沢市(埼玉県) 令和元年11月
  • 市営施設40台、その他民営施設(予定)
京都市(京都府) 令和2年1月
  • 市営、民間含め1,000台設置を目標

■持続可能な社会の実現のために、ウォータースタンドができること

【ウォータースタンドとSDGs】
給水スポットの整備は、SDGs達成に貢献する取組みです。

SDG'Sロゴ