プラスチックごみの削減に係る連携と協力に関する協定を小田原市と締結


神奈川県小田原市:2021年1月25日(月)締結

プラスチックごみの削減に係る連携と協力に関する協定を小田原市と締結

水道直結ウォーターサーバーのレンタル事業を行うウォータースタンド株式会社(代表取締役社長:本多 均)は、小田原市(市長:守屋 輝彦)と、「プラスチックごみ削減の推進に関する協定」を締結したことをお知らせいたします。

プラスチックごみの削減に係る連携と協力に関する協定を小田原市と締結

■協定概要

世界共通かつ喫緊の課題であるプラスチック問題の解決に寄与することを目的として、ペットボトル等の使い捨てプラスチック製品の使用を抑制するため、市役所等の市内公共施設に水道直結ウォーターサーバー「ウォータースタンド」を導入します。 このたび、市役所本庁舎・生涯学習センターけやきに設置しましたが、2023年5月までにマイボトル用給水機として、保健センター・生涯学習施設などの公共施設に最大30台の設置を進めていきます。 また、ウォークイベント、海岸清掃等のイベント時に本協定の取組み内容について周知・啓発し、マイボトル文化の普及に努めます。 なお、供用開始は新型コロナウイルスの感染拡大状況を踏まえて決定されます。 

■協定締結の背景

小田原市では2018(平成30)年9月に神奈川県が表明した「プラごみゼロ宣言」に賛同し、これまでにも市民および市職員に対し、使い捨てプラスチック製品の使用抑制を呼びかけるとともに、マイバッグやマイボトルの使用を推進してきました。本協定はそれらの取組みをより強化するものです。

■当社が取り組む「給水スタンド」活動

水道直結のウォーターサーバー「ウォータースタンド」は、いつでも安全安心な飲料水が使える利便性の高さと、運搬や使い捨て容器を必要としないエコな給水システムが支持され、子育て世帯を中心とした個人宅や、SDGs達成や福利厚生の充実に取り組む法人・教育機関などでご愛顧いただいています。
当社が取り組む「給水スタンド」活動は、環境負荷の少ない方法で、誰もが安全安心な飲料水にアクセスできる環境を整備し、マイボトル活用を推進するものです。これまでに7の市区町と協定を締結しており、今回で8例目となります。本活動への協力を民間企業や大学等にも呼びかけながら、同様の取り組みを日本全国に拡大していきます。 

ウォータースタンド株式会社が取り組む「給水スタンド」活動
【自治体との協定締結実績一覧】

※令和3年1月現在

自治体名 締結時期 設置状況
さいたま市(埼玉県) 令和元年6月
  • 市営施設99台
葉山町(神奈川県) 令和元年10月
  • 市営施設12台
所沢市(埼玉県) 令和元年11月
  • 市営施設37台
京都市(京都府) 令和2年1月
  • 市営施設21台
鎌倉市(神奈川県) 令和2年2月
  • 市営施設26台
世田谷区(東京都) 令和2年10月
  • 区役所本庁舎に1台
館林市(群馬県) 令和3年1月
  • 市役所や体育館ほか、小中学校に順次設置予定

お問合せ

弊社の取り組み、出前授業やご取材等についてはこちらよりお問合せください。
(メディア関係者の皆様からの取材等のご依頼もこちらよりお願いいたします。)