吹田市とウォータースタンド株式会社 4/27(火)プラスチックごみ削減に関する協定を締結


大阪府吹田市:2021年4月27日(火)締結

吹田市とウォータースタンド株式会社
4/27(火)プラスチックごみ削減に関する協定を締結

水道直結ウォーターサーバーのレンタル事業を行うウォータースタンド株式会社(本社:埼玉県さいたま市、代表取締役社長:本多 均、以下当社)は、2021年4月27日(火)、吹田市(市長:後藤 圭二)と「プラスチックごみ削減および熱中症予防の推進に関する連携協定」を締結したことをお知らせいたします。

吹田市とプラスチックごみ削減および熱中症予防の推進に関する連携協定を締結

■吹田市長  後藤 圭二様  コメント

今や当たり前となっているマイバッグも、最初は一人ひとりの心がけから始まりました。もう一歩進めた脱プラスチックの取組として、マイバッグだけでなく、マイボトルも。2つの“マイ”アイテムを持つことは、私たちが日々の暮らしの中でできる身近なエコ活動です。
お気に入りのマイボトルを持ち歩いて、ペットボトルの利用を減らしていく、この協定によって「マイボトル」もみなさんの当たり前となることを期待します。 

■協定の概要

全世界共通かつ喫緊の課題である地球温暖化や海洋プラスチックごみ問題の解決に向け、同市と互いに連携・協力してマイボトルの普及を促進し、ペットボトル等使い捨てプラスチック製品の使用抑制を図ることにより、プラスチックごみの削減を推進します。

■吹田市における使い捨てプラスチック削減に向けた取り組み

2018年4月に、吹田市を含めた北摂地域7市3町の自治体と食品スーパーが協定を締結し、大阪府内では初めて、各店舗においてレジ袋の無料配布を中止しました。また、2021年2月に、「豊中市・吹田市気候非常事態共同宣言」を表明し、市民、事業者、関係団体等と連携し気候変動対策を広域で進めて、2050年までに温室効果ガス排出量実質ゼロに向けて取り組むとしています。本協定の下、市民が利用できる給水スポットを広く設置することで、当社は吹田市の取り組みを後押しします。

■給水スポットの整備について

水道直結ウォーターサーバー ウォータスタンド 給水スポット
  • 吹田市の本庁、資源リサイクルセンター、中央図書館及び公民館 13か所(2021年5月27日(木)現在)に水道直結式のマイボトル 対応型給水機を設置し、給水スポットとして開放するとともに、 その後も順次設置を拡げていきます。
  • 民間施設についても水道直結式のマイボトル対応型給水機設置 の取組を働きかけます。

■当社が取り組む「ボトルフリープロジェクト」

水道直結ウォーターサーバー「ウォータースタンド」は、いつでも安全安心な飲料水が使える利便性の高さと、運搬や使い捨て容器を必要としないエコな給水システムが支持され、子育て世帯を中心とした個人宅や、SDGs達成に取り組む法人、大学などに支持されています。
当社の「ボトルフリープロジェクト」は、誰もが安全安心な飲料水にアクセスでき、環境負荷も少ない給水スタンドを整備し、マイボトル活用を推進するものです。
本活動を通じて、使い捨てプラスチック削減・CO2排出抑制による気候変動の緩和と、水分補給による熱中症などの被害・健康増進による気候変動への適応の両立を実現します。この取り組みへの協力を様々な組織・団体等に呼びかけながら、同様の取組みを日本全国に拡大していきます。 

■自治体との協定締結実績一覧
自治体名 締結時期 協定締結の概要
尼崎市(兵庫県) 2021年 4月
西宮市(兵庫県) 2021年 4月
春日部市(埼玉県) 2021年 4月
志摩市(三重県) 2021年 4月
藤沢市(神奈川県 2021年 3月
川崎市(神奈川県) 2021年 3月
小田原市(神奈川県) 2021年 1月
館林市(群馬県) 2021年 1月
世田谷区(東京都) 2020年10月
鎌倉市(神奈川県) 2020年 2月
京都市(京都府) 2020年 1月
所沢市(埼玉県) 2019年11月
葉山町(神奈川県) 2019年10月
さいたま市(埼玉県) 2019年 6月

お問合せ

弊社の取り組み、出前授業やご取材等についてはこちらよりお問合せください。
(メディア関係者の皆様からの取材等のご依頼もこちらよりお願いいたします。)