「藤沢市気候非常事態宣言」を表明する藤沢市とプラスチックごみ削減に関する協定を締結


神奈川県藤沢市:2021年3月18日(木)締結

ゼロカーボン市区町村協議会に参加する藤沢市と連携

水道直結ウォーターサーバーのレンタル事業を行うウォータースタンド株式会社(本社:埼玉県さいたま市、代表取締役社長:本多 均、以下当社)は、2021年3月18日(木)、藤沢市(市長:鈴木 恒夫)と「プラスチックごみ削減に関する協定」を締結したことをお知らせいたします。

川崎市(神奈川県)「プラスチックごみ削減の推進に関する協定」を締結

■ 藤沢市長コメント

市長 鈴木 恒夫 様

藤沢市では、2021年4月に施行する「藤沢市市政運営の総合指針2024」のまちづくりテーマの一つに「未来を見据えてみんなではじめる」がありますが、その中で、プラスチックごみの削減を掲げ、推進していくこととしています。
これまでも、海岸清掃における、ざるを用いたマイクロプラスチック拾いにて海洋プラスチックごみについて現状を知っていただく事や、使い捨てプラスチックの削減につながる、マイバッグやマイボトルの利用推進、ペットボトルからペットボトルへのリサイクル推進を行っているところです。
今回、ウォータースタンド株式会社と協定を締結し、水道直結ウォーターサーバーを15台程度設置していただくことにより、一層マイボトルを推進し、プラスチックごみの削減につなげ、美しい砂浜が広がる湘南海岸を、未来の世代へ引き継ぐための一助になると思っております。

■協定の概要

ペットボトルなどの使い捨てプラスチックごみの削減を目的として、藤沢市内の公共施設にウォータースタンド約15台を順次設置します。マイボトルがあれば誰でも無料で給水でき、マイボトルの利用促進とペットボトル等の使い捨てプラスチック削減を目指します。

■藤沢市の取組み内容

2021年2月に「藤沢市気候非常事態宣言」を表明した藤沢市では、かねてより神奈川県の「かながわプラごみゼロ宣言」に賛同し、マイボトルの活用推進に取り組んでいます。市役所本庁舎では既存の給水機を給水スポットとして市民に開放するほか、本庁舎内のコンビニエンスストアでは、ペットボトルを含めたプラスチック製品の削減に協力しています。
藤沢市では市民、事業者、行政などあらゆる主体が協働して気候変動対策に取り組み、2050年までに二酸化炭素排出実質ゼロを目指しています。当社は、本協定の下、市民が利用できる給水スポット設置を更に拡大することで、藤沢市の取り組みを後押しします。

藤沢市 マイボトルを使いませんか

■当社が取組む「ボトルフリープロジェクト」

水道直結ウォーターサーバー「ウォータースタンド」は、いつでも安全安心な飲料水が使える利便性の高さと、運搬や使い捨て容器を必要としないエコな給水システムが支持され、子育て世帯を中心とした個人宅や、SDGs達成に取り組む法人、大学などに支持されています。
当社の「ボトルフリープロジェクト」は、誰もが安全安心な飲料水にアクセスでき、環境負荷も少ない給水スタンドを整備し、マイボトル活用を推進するものです。これまでに9の地方公共団体と協定を締結しており、今回で10例目となります。
本活動への協力を様々な組織・団体等に呼びかけながら、同様の取組みを日本全国に拡大していきます。  

「プラスチックごみ削減の推進に関する協定」京都市 門川 大作 市長とウォータースタンド株式会社 代表取締役社長 本多 均
■自治体との協定締結実績一覧
自治体名 締結時期 設置進捗状況
川崎市(神奈川県) 令和3年3月
  • 市営公共施設に約30台を試験的に設置
小田原市(神奈川県) 令和3年1月
  • 市営公共施設に12台を設置
館林市(群馬県) 令和3年1月
  • 市営公共施設に7台を設置
世田谷区(東京都) 令和2年10月
  • 区役所本庁舎に1台を設置
鎌倉市(神奈川県) 令和2年2月
  • 市営施設23台を設置
京都市(京都府) 令和2年1月
  • 市営施設36台を設置
所沢市(埼玉県) 令和元年11月
  • 市営施設33台を設置
葉山町(神奈川県) 令和元年10月
  • 市営施設12台を設置
さいたま市(埼玉県) 令和元年6月
  • 市営施設99台を設置

※令和3年3月現在

お問合せ

弊社の取り組み、出前授業やご取材等についてはこちらよりお問合せください。
(メディア関係者の皆様からの取材等のご依頼もこちらよりお願いいたします。)